項目父の暦に対するコメントです。

  • 50代の時には50代の、60代の時には60代の苦悩に真摯に向き合う谷口氏の姿勢が好きだ。こういう作家は他に例を見ない
  • 抑圧的に振舞うでもなく特別頼りがいがあるわけでもなく逆にダメなわけでもない、周囲から見たら凡庸な父親が描かれてるところが特に良かった
  • 鳥取人です。背景が今でも市内の景色を少し古い状態で切り抜いたようでタイムスリップしそうです。
  • 何度読んでも良い!最初と最後に繰り返される回想シーンの、わずかな変化に、この物語の全てが言いつくされていて、涙が出ちゃう。
  • 地元愛!
  • 何度よんでも涙がでます
  • 思わずもらい泣きしました。親孝行したいときには親はなし。
  • 自分の知っているのはち
  • 複雑で繊細な心理描写は本当に見事と思います。 惹き込まれた作品です。
  • Nande monai D:
  • 泣ける
  • 鳥取市在住の者です。書店でなにげなく手にとり購入。自分の知っている町並みが忠実に描かれていて感動。恥ずかしながら鳥取大火の詳細を初めて知りました。
  • 再販されました。また買ってしまいました。鳥取市民です
  • 父の孤独感が理解できるためには歳月が必要だった。同時代。
  • 子供を持って初めて実感することがありました。
  • 息子にとって父親はどういうものなのかを考えさせられました。地元が舞台なのでなおさら愉しめました
  • すべての男に読んでほしい。
  • 親父との関係がそっくり。重なる。俺も鳥取出身だけ
  • けして新しい話ではないし、ケレン味もないのだけど、ただひたすら泣けました。
  • 行間というか、絵からにじみ出てる雰囲気が物語りの大半を物語っているようなきがします。他の作品も大好きですが、強いて選んでみました。
  • 漫画でこんな表現が出来るのかと驚きました。
  • 私も故郷が同じ鳥取県。町並みの細部の描写まですばらしい。
  • まるで小津安二郎の映画のよう。じっくりと、何度も読みかえしたい名作です。
  • やはり名作ですね


1
全部で 24 個あります(0 - 24 番目までを表示しています)



[戻る]



- Questionnaire -