項目卑怯ではないさ。親父の油断だ。(ヒルクルス シスターP.92)に対するコメントです。

  • 最初はよくある「悪の敵役」っぽい感じで登場したヒルクルスを見直した理由の一つ。『ふたりの剣舞』にも通じるように、これこそこのシリーズの真髄であり、彼が「有資格者」であることの証明とも言うか。(もっとも彼をあくまで非難する側からすれば「責任転嫁」の戯言に過ぎないかもですが。)


1
全部で 1 個あります(0 - 1 番目までを表示しています)



[戻る]



- Questionnaire -